トップ / 法律での現状について

法律で決まる事とは

法律での現状について

労働系の法律は運用されにくい

労使関係の当事者が守らなければならない規則が存在しているものの、実際には運用されていないことが少なくありません。条文に反する経営陣は、巧妙に証拠を残さない策を講じているからです。確たる事実がなければ法律は運用できませんから、労働の分野においては問題提起する段階で躓きやすいというわけです。一方の労働者からしてみても、規則に従わない場所で作業に取り組んでいようとも最低限の生活が送れる仕組みが整えば法律に是が非でも従う杓子定規的な考え方は必要ないと言えます。当事者同士の利益が達成されているので、最適化の流れに話が進まない現状があります。

法の運用ルールについて

法律は立法権をつかさどる国会が決定します。しかし、実際に運用するのは行政です。このように、作る者と運用する者が別なので、権力を縛るという側面からは、立法側が内容を細かくする必要があります。しかし、それは現実的ではなく、また、行政側の方が専門知識が豊富である場合もあります。そこで、法律が行政の側に具体的なルールについて委任をすることがあります。この時に定められた委任規定は、省令や政令といった形で定められ、行政立法とも呼ばれます。そして、法令と言う場合はこれらの行政立法も含み、具体的な裁判規範となります。

↑PAGE TOP