トップ / 法律関係についてのお話し

法律を守る事が大事

法律関係についてのお話し

嘘が含まれた法律行為を取り消す

相手の利益にならない結果を想起できて、なおかつ自身にとって良いことを起こすために本心ではないにもかかわらず手を染める行為はいただけません。もしも先方に気付かれることなく取り引きが成功しても、遅かれ早かれ嘘をついて法律行為を進めた結果を取り消される可能性が高いです。とりわけ後日に知人などへ真実を伝えてしまうことによって、動かぬ証拠として扱われてしまいかねません。意図的に本心とは別個の意志表示の規則に抵触する行為に手を染めたのであれば、法律の条文に則って嘘をついた代償が課されます。本心で取り引きすれば、起こり得ない結末と考えられます。

嘘の証言をすると偽証罪に

裁判所の法廷は神聖な場所です。テレビドラマではディベートのように弁護士と検事が激しく罵り合う様子がよく描かれています。しかし、ああいった様子はドラマ的な演出であり、実際の法廷は冷静なやり取りが交わされる場所です。法廷で証人が事件に関するコメントをする際は、発言に対して重い責任が求められます。嘘の証言をすれば法律によって罰せられます。偽証罪という法律が存在しており、もし自分の利益のためにと嘘の証言した場合、逮捕される恐れもあります。裁判所の法廷では「偽証をしない宣誓」が証人に対して求められます。黙秘権が認められるものの、偽証をしてもよいという権利はありませんので、ドラマ的な演出と現実の法廷は分けて考えなければいけません。

↑PAGE TOP