トップ / 法律には沢山あります

自動車の法律のこと

法律には沢山あります

車の運転で必要な法律

車を運転するためには、免許証が必要です。特に意識している人はいませんが、もちろんこれについて定められた法律が存在します。具体的には道路交通法が、免許を取得しないと車を操縦してはならない旨について定めています。そのほか、自動車は車検を通っていないと公道を走れないようになっています。これは、車両運送法に定めがおかれています。以上のように、複数の法律の存在で、運転が制限されています。行政法的に言えば、これは許可に当たります。本来的には自由な行為を、社会秩序維持の観点から一律に禁止し、要件を満たしたものに行為を許すという仕組みです。

運転に免許証が求められる意味

自動車は日常的な乗り物です。通勤や通学、お買い物の移動手段として毎日役立っています。しかし、免許証という資格が必要であり、当然ですが免許を取得していない方は自動車を運転出来ません。なぜ法律で無免許者が操作出来ないようになっているかと言えば、やはり元々自動車は危険性を抱いている点が考えられます。自動車もまた包丁等と同様に使い方を誤れば大変危険な道具です。実際に悲しい交通事故が毎日引き起こされており、たとえ免許を携帯していても法律違反な危険行為や飲酒運転が繰り返す人々が跡を絶ちません。生活に密着した道具だからこそ、ユーザーは交通法規と常識を再度確認し、安全に使わなければいけません。

↑PAGE TOP